交通事故に関する知識

交通事故でのよくある質問

交通事故に遭ってしまったら、まず何をすればいいですか?
まず、過失の有無にかかわらず、警察に交通事故が起きた事を連絡しましょう。
これを怠ってしまうと、自動車事故安全センターから【交通事故証明書】を発行してもらえなくなり、後の損害賠償請求や保険金請求に支障が出てしまいます。
①相手の住所・氏名(免許証の情報)、勤務先(名刺等)
②自動車のナンバー
③相手の自賠責保険、任意保険の会社名
④目撃者の連絡先
をできるだけ事故現場で確認しておきましょう。
また、事故によって傷病を負ってしまった場合、その傷病と事故との関係を明確にするために、
救急車を呼んで病院に搬送してもらうか、速やかに病院に行き治療を受けてください。

 

まずどこに治療に行けばいいのかわかりません。

まずはご相談ください。

当院は整形外科などの医療機関と常に連携をとるように努めています。

交通事故後の症状はレントゲンやMRIの検査をしても「異常なし」といわれたものの著明な痛みやめまいなどがあり「辛い」という方は多くいらっしゃいます。

最近テレビや新聞などでも取り上げられている「脳脊髄液減少症」など整骨院の業務範囲外の場合などもありますので疑わしい時などは速やかに専門の病院をご紹介させていただきます。

ご自分で判断されず、ご相談ください。

 

初診時には何が必要ですか?

特に必要な物はありません。 まずは、当院にご連絡ください。どのようにしたら良いかお伝えします。

病院で診察を受け診断書が発行されている場合、診断書(コピーで構いません)をお持ち下さい。

もし、保険会社と、その担当者の名前及び電話番号が分かれば控えてきて下さい。

 

費用はいくらぐらいかかりますか?

自賠責適応の場合、患者様の窓口負担はありません。

しかし、それ以外の場合ではこの限りではありません。

 

保険会社への手続きはどうしたらいいですか?

治療に関する手続きは当院が行います。患者様は相手の保険会社の担当者へ「はしぐち整骨院へ通院します」と電話をして下さい。

 

症状固定とは?
現在受けている治療を継続しても症状の改善が見られない状況、また現在の治療を中断しても症状の悪化が見られない状況を指します。
症状固定後も、症状が残存している状態のことを「後遺障害」といい、完治した場合のことを「治癒」といいます。

 

症状固定はだれが判断するのですか?
これまで治療を行ってきた主治医が判断します。
裁判においては、裁判官が最終的な判断をすることになりますが、
治療の経過の中では、主治医が症状固定を判断します。

 

まずは、何かあればご相談ください!!!

 

関連記事

  1. 加害者であってもケガの治療は可能?
  2. どこの病院を受診すればいいの?
  3. サポーター、固定具も取り揃えています。
  4. 自賠責保険に入っていないと・・・
  5. 医師と連携の重要性、はしぐち整骨院の連携方法とは
  6. 交通事故治療、早期社会復帰のためのリハビリ
  7. 問診から診察までの流れ
  8. 後遺障害

交通事故後の治療・保険・転院のご相談は「はしぐち整骨院」へ!

自動車賠償責任保険の適用となる
交通事故の治療に関しては、
患者さんの窓口負担はありません。

(※過失割合によってはこの限りではありません。)

〒850-0877 長崎県長崎市築町1-17-2F
受付時間:9:00~13:00/15:00~20:00
HP:http://hashiguchi-seikotsuin.com/
診療受付時間
午前9:00~13:00
午後15:00~20:00
  • 予約優先
  • 完全予約
  • 年間97%以上の稼働率!

交通事故治療の専門家があなたの悩みを解決します!!

この痛みは交通事故の影響?体の痛みから症状を紹介

交通事故に関する知識

  1. 記事一覧はこちら
PAGE TOP