交通事故に関する知識

加害者であってもケガの治療は可能?

交通事故に合った際、自分が加害者になっても

自賠責保険や自身の任意保険、健康保険を使ってケガの治療をできる可能性があります。

自賠責保険

使えるとき

・事故の相手がいる場合

・相手が自賠責保険に加入している

 

使えない時

・相手がいない事故(自損事故など)

・ひき逃げ

・過失100%の加害者

・対物賠償

 

※自賠責保険は過失割合によって制限がかかります。

・自身の過失割合が70~95%の場合

→120万→96万円となります(20%の減額)

では自賠責保険が使えない場合はどうすればいいの??

自身が加入されている任意保険と健康保険を使って治療を行える可能性があります。

任意保険に加入されているのであれば一度、任意保険会社の担当の方に相談してみましょう。

 

ケガをしているという点では過失割合が高くても被害者です。

過失割合が高い加害者であってもケガの治療を行える可能性はあります。

もしそのようなことでお困りの方ははしぐち整骨院まで、ご相談ください。

関連記事

  1. 交通事故証明書の申請方法から取り方
  2. 医師と連携の重要性、はしぐち整骨院の連携方法とは
  3. 後遺障害
  4. サポーター、固定具も取り揃えています。
  5. 交通事故でのよくある質問
  6. 交通事故に遭ったらまず、はしぐち整骨院へ連絡
  7. 物理療法の種類と効果~そのケガ、痛みに効く物理療法~
  8. 問診から診察までの流れ

交通事故後の治療・保険・転院のご相談は「はしぐち整骨院」へ!

自動車賠償責任保険の適用となる
交通事故の治療に関しては、
患者さんの窓口負担はありません。

(※過失割合によってはこの限りではありません。)

〒850-0877 長崎県長崎市築町1-17-2F
受付時間:9:00~13:00/15:00~20:00
HP:http://hashiguchi-seikotsuin.com/
診療受付時間
午前9:00~13:00
午後15:00~20:00
  • 予約優先
  • 完全予約
  • 年間97%以上の稼働率!

交通事故治療の専門家があなたの悩みを解決します!!

この痛みは交通事故の影響?体の痛みから症状を紹介

交通事故に関する知識

  1. 記事一覧はこちら
PAGE TOP